"地方と都会では賃料の差が大きくなっているのは仕方の無いことですが、探し方によってはお得に見つけることが出来ます。
それを実現させるためには直接現地に行って物件探しをするのが一番の得策となります。あなたが自分の希望をそのまま担当者に伝えることで、その営業の人はなるべくその希望に近いものを紹介してくれることでしょう。
条件を曖昧にして広げすぎてしまうと不動産屋も困惑してしまうわけに、良い物件と出会い辛くなってしまいます。

 

不動産屋におきましては普通に条件を伝えれば問題無いと思っている人が多いことでしょう。
確かに条件を全て伝えることは大変重要なことですが、あまりにも無茶な条件では相手にもしてくれませんのでお気をつけ下さい。
不動産屋に入店をしますとまずは席に案内され、担当の営業の人から条件を聞いてきます。
貴方の条件の伝え方によってその後の物件探しに大きな影響を与えることになるのでご注意ください。"





ビタミンD
ビタミンD
URL:https://www.suplinx.com/shop/c/c1045/


不動産屋では自分の希望をそのまま伝えようブログ:18年09月01日

基本的言語体系というのは、
一人の人間によって宿されるものである。

それは母親以外にはいない。

幼い時に母親からしっかりと育てられると、
基本的言語体系がしっかりと頭の中に入ってくるので、
非常に高度な思考や豊かな会話をすることが可能になる。

それに対して幼い時に母親を失ってしまうと、
基本的言語体系がしっかりと頭の中に入っていないので、
人の言っていることがよく解らないのである。

我が子供の頭を良くしたいからと
早期教育を施そうとしたり、偏差値の高い私立校に入れたりしようとするが、
そういうことはあくまでも技術的なことであって、
知能の発達の基本となるのは、
あくまでも母親との関係の中に存在している。

なので
我が子供に基本的言語体系がしっかりと頭の中に入るまでは、
母親は我が子供を絶対に手放してはならないのだ。

言葉を覚えるのは、
2歳か3歳頃までには出来るが、
自分の意思表示をしっかりとし、
相手の意見をきちんと汲み取ることができるようになるまでは、
やはり12歳辺りまでかかるものである。

乳幼児がちゃんとした言葉を覚える量は、
教えた人の愛情量に比例する。

赤ちゃんに最も言葉を覚えさせることができるのは、
母親こそが筆頭である。

母親こそが我が子供に
最も多くの愛情を持っているがゆえに、
我が子供は母親の言葉を中心に覚えていく…

父はその家の家長ではあっても、
赤ちゃんが言葉を覚える作業では、母親に次ぐ存在であって、
どうやっても母親に並ぶことはできないし、
母親を凌駕することもできないのである。