地域密着型の不動産屋

地域密着型の不動産屋


地域密着型の不動産屋
"今の日本には分譲で売り出される物件よりも賃貸物件の方が圧倒的に多くなっています。
それだけ賃貸の需要が多いということもあり、人気のエリアの賃貸物件はすぐに埋まってしまうので早めに動く必要があります。賃貸と売買両方を取り扱っており、賃貸の方にはあまり力を入れていませんので、厳しい条件を出すと相手にされないことが多々あります。
大家さんの立場になって物件を紹介してくれて親切なのですが、値下げ交渉などには応じてくれないケースが多いのです。

地域密着型の不動産屋におきましては、新築等を紹介出来る状況になったとしても来客数が少なくなっていることから、掘り出し物と出会える確率が高くなっています。
いわゆる掘り出し物件を探しているのでしたら、地域密着型の不動産屋がベストなのです。
地域密着型の不動産屋というのは「●●不動産」「●●商事」などといった店舗名で、少人数で営業をしています。
確かに大家さんと直接やり取りをしている物件を抱えていますが、実際には数の量では満足することが出来るものではありません。"




- 注目サイト一覧 -

ケータリング
ケータリングの専門です
URL:http://banquetajin.net


地域密着型の不動産屋ブログ:17年09月19日

私の妻は、
自他共に認める能天気で明るい性格で、
本人も「悩むことがほとんどない」と公言しているんですが…

初めての息子を出産した時に、
子育てでものすごく悩みはじめました。

うちの妻に限っては、
子育てでブルーになることはありえない…とたかをくくっていた私は、
本当に驚いたし、うろたえました。

そんな妻を救ってくれたのは、
妻のお母さんの一言だったのです。

「そんなにこだわらなくてもいいじゃない!」と
お母さんは彼女に言ってくれて、
自分が自分にきちんとやれていないことを許せなくて、
自分を責めていたんだな…と気づき、
徐々に妻の気持ちも楽になっていきました。

この出来事は、
私自身がその時の妻に持っていた不満を
解消する鍵にもなりました。

当時、私は、
妻が息子にばかり意識が向かっていて、
自分のことをほったらかしにされていると感じていたのです。

どうしてこんな感じを持つかというと、
主人も息子が生まれたら、妻とは関わり方は違うけれど、
すごく悩んで努力しているからなのです。

息子が生まれたら、
息子や妻に経済的なゆとりを持たせたいと思うのは
自然なことです。
だから、がんばって働いて、
たくさん収入を得なければ!と思ったりします。

また、息子は父母の背中を見て育つ、という言葉がありますが、
それを意識して、立派なお父さんにならなければ!と強く思ったりもします。

けれど、自分なりにがんばっていることが、
妻にわかってもらえないような気分になることもあるんです。

でも、
真実はそうではなくて、
本当にシンプルな理由だったんです。

「子育てが大変すぎて、他に目を向けることができない」
だけだったんです!
地域密着型の不動産屋

地域密着型の不動産屋

★メニュー

敷金について理解をしておこう
今でも残る礼金の使われ方
賃貸契約は基本2年間となります
大手不動産屋のメリット・デメリット
情報伝達が遅いフランチャイズ不動産屋
地域密着型の不動産屋
不動産屋では自分の希望をそのまま伝えよう
家賃の上限は決して崩さないで
方角は自分の目で確かめよう
携帯電話の電波が届かないマンション


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)噂の賃貸情報マガジン