"「自分の理想とする賃貸物件がなかなか見つからない」ということで悩んでいる人も多いかと思います。
それは賃貸の探し方が間違っており、ネットと不動産屋を併用してポイントを抑えながら探す必要があるのです。入居者から2ヶ月分の礼金をいただいたとしましたら、1ヶ月分を不動産屋に支払うというのが一般的なこととなります。
つまり賃貸物件の契約者が大家さんに変わって、不動産屋に対して紹介料を支払っているということになるのです。

 

礼金の一部というのは大家さんが不動産屋に支払うこととなり、それは言わば紹介料という形になります。
大家さんがわざわざ自腹を切って不動産屋へ紹介料を支払う習慣は無く、礼金が紹介料として習慣になっているのです。
礼金というのは、戦後の焼け野原で家の無い人達が「大家さん、家を貸してくれてありがとうございます」という、お礼の意味から始まりました。
東京や埼玉など関東を中心として礼金制度が広まり、その名残りとして現在でも残っているのです。"



今でも残る礼金の使われ方ブログ:18年05月30日

赤ちゃんはしょっちゅう夜泣きをするので、
新米母親は育児にフラフラになってしまうものである。

確かに育児で母親は疲労困憊しているが、
だからといって赤ちゃんに対して
何もしないことが許される訳がない。

赤ちゃんは生活リズムが解っていないので、
母親が午後間は活動させ、
日が暮れれば休息するということを教え込んでいかないと、
生活リズムが解らないまま育ってしまう。

午後間に赤ちゃんを動かしておけば、
赤ちゃんは日が暮れる頃には疲れ切っているので、
晩は熟睡するものである。

途中、母乳が必要となるので晩泣きをしても、
授乳させ、排便すれば、また熟睡してしまう。

もしも午後間の運動量が少なければ、
赤ちゃんは深夜に起き出して、動き回る。
深夜に動くことで午後間の運動不足を解消しているのだ。

赤ちゃんにそんなことをされれば、
母親の方は就寝時間が遅くなるから、
翌日は10時寝坊してしまい、
赤ちゃんもそれにつられて10時寝坊して、
結局、日中の運動量が少なくなり、
また深夜に起き出して来て動き回る…のを繰り返してしまう。

赤ちゃんを健康に育てたいなら、
とにかく早寝早起きを心掛けることが大切!

ぼくたち人間は早寝をするからこそ体の疲労が取れ、
体の傷んだ箇所を修復できるのであって、
晩更かしをしていれば、それができなくなって、
いつも疲れ切った体になってしまうのである。

母親が早寝早起きをしていれば、
育児をしていても元気一杯なので、
それだけ赤ちゃんとじゃれあう機会を多く持つことができる。

母親が元気なら、
赤ちゃんもそれにつられて
元気になっていくものなのである。