"「自分の理想とする賃貸物件がなかなか見つからない」ということで悩んでいる人も多いかと思います。
それは賃貸の探し方が間違っており、ネットと不動産屋を併用してポイントを抑えながら探す必要があるのです。入居者から2ヶ月分の礼金をいただいたとしましたら、1ヶ月分を不動産屋に支払うというのが一般的なこととなります。
つまり賃貸物件の契約者が大家さんに変わって、不動産屋に対して紹介料を支払っているということになるのです。

 

礼金の一部というのは大家さんが不動産屋に支払うこととなり、それは言わば紹介料という形になります。
大家さんがわざわざ自腹を切って不動産屋へ紹介料を支払う習慣は無く、礼金が紹介料として習慣になっているのです。
礼金というのは、戦後の焼け野原で家の無い人達が「大家さん、家を貸してくれてありがとうございます」という、お礼の意味から始まりました。
東京や埼玉など関東を中心として礼金制度が広まり、その名残りとして現在でも残っているのです。"



今でも残る礼金の使われ方ブログ:18年04月17日

シェイプアップとは、
直訳すると「食事療法、制限食、減食」で、
摂取エネルギーと消費エネルギーのバランスを考えた
食事制限によって体重を減らすことを指す言葉です。

「摂取エネルギー」とは、
食事などでからだの中に吸収したエネルギーのことで、
「消費エネルギー」とは、
運動などによって消費されたり、
生命を維持するのに必要な基礎代謝に関わるエネルギーのことです。

この摂取エネルギーと消費エネルギーの差が、
体脂肪の増減と深く関係するため、
この2つのエネルギーのバランスをうまくとることが、
シェイプアップをする上で重要なんですね。

ここで注意しなければならないのは、
「体重を落とす=シェイプアップではない」ということです。

筋肉や骨の量を減らさずに、余分な体脂肪を減らすことこそが、
本当のシェイプアップなのです。

そのような健康的なシェイプアップをするためには、
摂取エネルギーを減らす食事制限をするのではなく、
低カロリーで栄養バランスのとれた食事を心がけることと、
ウォーキングやエクササイズといった軽い運動を
日常的に続けることがポイントになります。

最も危険なのは、
「とにかく見た目が痩せればいい」という願望から、
過激なシェイプアップをすることです。

たとえ摂取カロリーを極端に抑えて
一時的に体重を落とすことができても、
その状態を維持することはできませんし、
何よりも健康に害を及ぼすことにもなりかねないので、
「シェイプアップとは、体脂肪を正常な数値に戻すこと」ということを、
忘れないようにしましょう。